記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SM S6最高2083 最終1913 逃げ切りガルゲンテテフ

s6構築 こんにちは、ざんです。
六世代以来の更新となりますが、SM環境最後ということで、
今期の構築記事を書いていきたいと思います。

自身の最も使い慣れた対面構築でレートに潜りました。

構築としては、自身の構築作成能力自体が皆無なため、記事を漁り使いやすそうと漠然と感じた(許可などを得てないため、名前やリンクは貼りませんご了承ください)(初手でアドを稼ぎ逃げ切る戦法に惹かれました)構築をほとんどパクリました。原型はパクりつつアレンジするのが自分のスタイルです()


それでは以下常体として、構築紹介に入りたいと思います。

漠然とした紹介なら、参考元の記事を見ればわかるだろと言われるので、

ここでは私見を混ぜた雑魚なりの考えを述べていきたいと思います。



<使用構築>


s6構築 

<開始レート>


2017.11.7 1906~
使用TN まんぞく


<個体紹介>


カプ・テテフ@拘り眼鏡

テテフ gif 
性格:臆病 特性:サイコフィールド展開するやつ

実数値:149(28)-×-123(220)-162(92)-136(4)-149(164)

技:サイコキネシス、サイコショック、ムーンフォース、シャドーボール

調整:HB メガ馬車の特化フレドラ大体耐え、意地ミミッキュの妖Z確定耐え
   S 準速ミミッキュ+1

[役割]

初手での大きな削り逃げ切り、サイコフィールドによる相手の先制技阻止、一貫作った後の掃除

テテフを出す場合は、8割方初手に繰り出し、超火力でアドを大きく稼ぎつつ、裏のガルミミッキュで逃げ切る戦い方をする。

残りの2割は裏に置きラストの掃除や、ジャローダ入りに対しては裏に残しておくことが多かった。後述するが、裏に置く選出をする場合はもう一つの初手要因ゲンガーを選出する場合である。


[使用感]

テテフを初めて使ってみたが、意味不明なほど強かった。
火力が予想以上に凄まじく、この型ならではの強さを感じた。
具体的には、その超絶火力から二回動ければ相手を持っていける場面が非常に多い。BS配分から一回耐えて、次ターンそこそこのSから行動できる点が非常に強さを感じた。個人的には、よくいるHB眼鏡テテフよりBS配分の方が軍配が上であると思えた。

また、環境のミミッキュがほぼAB妖Zだったため、テテフで勝てる場面が非常に多かった。
そうでなくても、準速ミミッキュなら上を取れるため、影うちをフィールドで封殺しながら皮を剥げるため、最低限の仕事はこなせBS配分の強みを感じた。

さらに、今更かよと言われるかもしれないが(テテフにわかなので許して)、サイコフィールドによる先制技無効が強かった。
初手偶発クチート対面は全て居座ったが、アイヘ持ち以外にはすべて勝つことができた。(じゃれは耐えたのだが、確定耐えなのか乱数なのか、Aぶっぱしてないかは謎)
裏のランドロスを警戒してレンチを撃って来る人もいてこの行動は正解と思う。(ただ受からないだけ)(サイキネを一発入れれば、ガルーラの圏内に入る)

しかし、ゲンガーに何もできずに倒されてしまうので、ゲンガー入りには選出を慎重に行う必要がある(体感9割くらい初手ゲンガーを選出された)。


ゲンガー@気合いの襷

gengar gif 

性格:せっかち 特性:呪われボディ

実数値:135-86(4)-72-182(252)-95-178(252)

技:シャドーボール、ヘドロ爆弾、凍える風、不意討ち

[役割]

唯一原案から自分で考えた枠

第二の初手要因、雑に削る。
カバルドン以外のステロ展開阻止

テテフを初手に置けないとき、ゲンガーを初手に置く。
そうこの構築は基本的に初手はゲンガーかテテフの2通りしかない。

具体的には、ゲンガー、テテフ入り(二体とも初手、特にテテフは必ず初手に来る。来なかったのは一度のみまあ瞑想型だっだので妥当)、強烈な鋼入り(ガルド、グロス、ただしカグヤは気分次第ではテテフ初手にした)に対して初手に出し、襷を盾に雑に削る。

上記の選出理由から、ゲンガーミラー、ガルドに勝ちたいので不意討ちを入れた。

上に行くほど、ゲンガーミラー2ターン目は不意討ちは押さずに、シャドボを押すようにした。

呪われボディとヘド爆の毒の追加効果を数々と引いてくれたMVP


[使用感]

こちらに初手で来やすいゲンガー、テテフ、ガルドを狩り、こちらのテテフを通す流れがシンプルに強かった。

初手で広範囲な相手に雑に削るという役目がこれほど適任なポケモンはいないと痛感できた。
6世代の頃、自分は襷枠に求める役割は、相手の展開や積みを防ぐ、終盤のタイマン性能の発揮、スイーパー主にこの3つを求めていたので、よく襷ガブやガッサを愛用していたが、7世代はその役割をミミッキュに分散できるので、初手に雑に使える襷枠を使うことができてよかった。

こちらに初手に来やすいマンダやランドに凍える風を指せるので使用感はかなりよかった。

上に行くほど、初手はテテフよりゲンガーを選出した。(初手テテフでeasywinできる場面があまりないため)


ガルーラ@メガ石

ガルーラメガ 

性格:陽気 特性:肝っ玉→親子愛

実数値(メガ後):181(4)-176(244)-120-×-121(4)-167(252)

技:捨て身タックル、グロウパンチ、冷凍パンチ、地震

調整:DL対策 B<D
   トリルポリ2に殴られる危険性を考えればDL対策をした方がいいと感じた。

[役割]

2枚目、3枚目に繰り出す広範囲アタッカー

マンダやランド、ガブを見て躊躇せず選出できるレンチ
ゲンガーテテフを見て必ず来るガルドに択を気にせず撃て、相手のゲンガーグロスクチートドランに隙を見せない地震
初手で削った後に展開できるグロウパンチを採用した。

最速なため、リザに対して気持ち強く出れるのがよかった。

[使用感]

レンチ地震グンチを採用することで選出は95%ほどすることができ、また、自分が最速ガルーラを最も使い慣れているためガルーラを普通に強いと思うことができた。(遅いガルーラを使いこなせる人はすごいです><)

7世代においてガルーラを使うなら個人的には不意討ちはいらず、それなら選出しやすいように技範囲を広げたほうが強いと思っている。

理由として、7世代は不意討ちを撃ちたい相手に尽くろくに通らないことが多いからだ。
具体的には、ワンパンしてくるコケコ、厄介なゲッコウガ(変幻自在でタイプが変わっていれば別、しかし何より7世代に入りテンプレと化した水手裏剣の択が面倒)、スカーフ持ち(テテフがメジャー?)また、威力が低下してろくなダメージが入らない。
そして、7世代は何より、ガルーラミラーがほぼ皆無に近いほどない。(6世代をしていた人ならガルーラミラーにおける不意討ちの大切さがわかると思います)

余談だが、ガルドには地震→レンチで行動を一貫させていた(数々のマンダを葬った)


ミミッキュ@フェアリーZ

mimikyu gif 

性格:意地っ張り 特性:化けの皮

実数値:161(244)-143(156)-114(108)-×-125-116

技:じゃれつく、影うち、剣の舞、呪い

調整:意地メガ馬車のフレドラ大体耐え、特化かそうでないかわからないが+1メガギャラの滝上り多
   分耐え、大体の中火力特殊Z耐え

[役割]

相手の積みに対するストッパー、気持ち程度の崩し、呪いによるガルランドの起点作り、害悪への解答

いわゆるABミミッキュ

ガルーラの構成から、相手に展開されると試合が終わりかねないので
積んだマンダ、ギャラ、馬車をケアできるAB妖Zを採用した。


[使用感]

自分は普段ASしか使わないが、上記の役割を任せるならABは適任であると感じた。

呪いが思いの外、使用感がよかった。
雑に削れる点が優秀。
また、Hに大きく振っているので、半端な特殊zなら軽く耐えれるのが今までにない使用感で使いやすかった。

困ったらとにかく選出した。それでよき

ASに使い慣れていたため、ガッサやミミッキュミラーに極端に弱いことそれだけがこの型の難点であった。
ガッサがいるパーティには、極力ゲンガーテテフを絡めた選出をした。


霊獣ランドロス@飛行Z

ランドロス gif 

性格:意地っ張り 特性:威嚇

実数値:175(84)-204(164)-101-(4)×-118(60)-126(196)

技:地震、空を飛ぶ、岩石封じ、剣の舞

調整:A +2飛行Zで特化カバルドン確定
   S 最速カグヤ+2

[役割]

カバルドンの誘い殺し、低速タイプ受けサイクルの破壊、見た目上での電気と地面の一貫切り

構築に1匹は地面の一貫はともかく、電気の一貫は必ず切りたいというのが持論
かつ厄介なカバルドンを誘い殺せる点から飛行zでの採用。


[使用感]
体感選出率は1割あるかないかである()

カバがいたとしてもグロスやゲッコウガに隙を見せたくないから出したくなかったりと
終盤の方は、テテフでカバルドンを見ていた。
そもそも自分自身がランドを信頼してないからというのもあり、ちゃんと使えば強いかもしれない。

ミミッキュと同時選出したいこと多い。

ブルルドヒドイデのようなランドを草で見てるような構築、ドラン入り(テテフゲンガーが一方的に腐る)には非常に刺さりがよく、そのような構築にはしっかりと仕事を果たしてくれた。

選出画面から電気と地面の一貫を消すのもランドの偉いところであると感じた。
(自分自身こういう見えない睨みが好きで、対戦において大切な要素であると思っている)


火ロトム@残飯
ヒトム gif 

性格:穏やか 特性:浮遊

実数値:157(252)-×-127-125-140(4)-138(252)

技:10万ボルト、めざめるパワー氷、鬼火、身代わり

[役割]
 
グロス入りに対しての駒(出すとは言っていない)、テッカグヤ・ナットサイクルへの崩し


[使用感]

恐らく、この構築で対戦した50戦ほどのうちで3-4回しか出していない。
根本的にロトムというポケモンを信頼していない。。。
身代わりは強かったです。(降参をよくもらった)


<基本選出>

左が初手
テテフガル@1 大体ミミッキュ
ゲンガル@1  大体ミミッキュかテテフ

◦きついポケモン
 パルシェン:無理;
 キノガッサ:ミミッキュがABの都合上重たい、大概裏から出てくるからきつい
 スカーフ持ち:中速で固まってるのできつい
 思念持ちグロス:ヒトムで見る選出をしていた場合終了
 ナットレイ:テテフゲンガーが通らない、ワンパンできるやつがそもそもいない。
 ゲッコウガ:上を取られる、型が豊富、先制技持ちでゲンガーも腐る。


<雑感>


命中安定技でほぼ固まっており、こちらが運を押し付ける場面が多い(ガルの急所や氷、ゲンガー)のでストレスフリーにレートをすることができた点、ガルーラの強さを最後に実感できた点が良かった。

USUMではなんとしてでも21に行きたい。

そのためには、最終日までに2050ROMを作ることの必要性を痛感した(良い流れは長くは続かないと考えている)。
 

☆special thanks
 せっかちゲンガーの孵化余りをくれたパラリーさん、テテフランドに王冠を使ってくれたひゆうすい、Aの努力値を下げてくれたブライトンさん、最終日にグロスを貸してくださったウガリさん、常時僕のクソリプに付き合ってくれたFFの皆様

 改めて、ありがとうございました!

<最高レート>


レートキャプ最高 

ここまでの、ご精読ありがとうございました。
それでは、USUMのレートで!

何かあればコメントor twitter @zan_pokoまで




















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざん

Author:ざん
FC2ブログへようこそ!
ただの自身の思考を整理するためのメモです

最新コメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。